東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • ソファ購入の前に、お住まいとエレベーターの寸法を確認ください。

2005年06月25日

ソファ購入の前に、お住まいとエレベーターの寸法を確認ください。

「ソファを買ったけれど、部屋に入らない・・・」ということが、稀にですがあるようです。玄関から設置場所までの経路やドアの巾、マンションであればエレベーター、戸建の上階ですと階段の寸法を事前に確認されるとよいでしょう。
最近のタワー型の高層マンションには搬送用の大きなエレベーターがあるので安心なのですが、高層でない場合は、ソファが2mを超えるとエレベーターに入らないことがあります。ソファは奥行があるので難しいんですね。また、マンション室内廊下の天井の高さが2.1m位しかないために入らないこともあるようです。
最後の難関?はリビングの入り口。ドア巾よりもソファの奥行が大きいことがあるので、注意が必要です。ドアの蝶番を外しても入らないこともあるようです。
ただし、「一体型」のソファの他、アルフレックスのA・SOFAやVOTAのように分割できる「セパレート型」、ドリアデのTAMUのようにバラバラにできる「ノックダウン型」もありますので、ショールームで相談されるとよいでしょう。
弊社では、搬入に不安がある場合は、図面でシュミレートしたり、現場に伺って下見をしています。でも、そのソファを愛してしまって何とか搬入したい時ってありますよね。そういう場合、エレベーターがネックであれば階段を上げるのですが、30/40階に上げるのは大変ですし、サイズによっては階段の踊り場を回りきれないことがあります。せっかく購入されるのですから、事前に確認されると安心です。◆写真提供:日本フクラ
■ブログの運営 : ホームデザイン  横浜・東京・神奈川
HP リフォーム設計とインテリアコーディネート事例集 ・インテリアショッピング ブランド
blog インテリアコーディネーターと一級建築士による 「インテリア設計事典」↑TOP

 | 一覧へ | 

▲ページTOP