東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2010年12月09日

クラシックな雰囲気・カーテンコーディネート

インテリア

 

 

今日は、T様邸(神奈川県藤沢市の一戸建て)に、カーテンをお納めしてきました。カーテンといっても玄関(写真1,3)はレースより厚めの生地、リビング・ダイニング、ご寝室、洋室、トイレはレースを替え、キッチンはブラインドに替えました。

 

 【写真・1, 3】玄関のバルーンシェード。生地はレースとドレープの間位の厚さで、さくっと織られたシルバーの糸が、透け感と高級感を演出。裾のフリンジはゴージャスでありながら、動きもあって可愛らしさを感じさせます。奥様には「素敵ね!」と喜んでいただきました。リフォームが終わったら、家具等を移動、クラシックなコモドが置かれる予定なので、より高級感あふれる空間になると思います。

 

【写真2】縦長の連続する腰窓との枠内にきれいに納めるために、リビングのレースもバルーンシェードに。レース自体にクラシック調の太い縦ラインが入っているため、裾の飾りはつけません。写真にはありませんが、リビングにつながるダイニングの掃出し窓は、一般的な三ツ山ヒダにして、縦柄の良さを生かしています。

 

【写真4】逆光でわかりにくいですが、トイレのレースです。白いレースにゴールドのフリンジがアクセント。 

【写真5】トイレのレースを束ねるためのタッセル(バンド)。帯のようなタッセルを平らにして撮ったので、ペタッと見えています。ご寝室のレースは、ミツ山ヒダで縫製した箇所と、プレーンシェードでおつくりした箇所があります。

 

今日は、ダイニングセットの塗装直しと、ダイニングチェア張替えのための生地をご検討いただきました。機会がありましたら、椅子の張り地を紹介させていただきます。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP