東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 絨毯 の上に 絨毯 は、大丈夫? & 手作りのオーナメント

2011年11月11日

絨毯 の上に 絨毯 は、大丈夫? & 手作りのオーナメント

インテリア

 

冷たい雨の一日でしたね。今日は、東京のショールームに行ってきました。部屋いっぱいに敷きつめられた絨毯の上に、置き敷きの絨毯(ラグ)を置いた場合、どれ位波打つか?大丈夫か?を確認するためです。

 

床材はフローリングが人気ですが、都心(港区渋谷区千代田区など)のマンション高級マンションを中心に、床が敷き込みの絨毯になっているマンションは、少なくありません。

 

硬いフローリングの上に置き敷きのラグは問題ありませんが、敷き込みの絨毯は柔らかいので、その上に、置き敷きの絨毯を敷いて、重いものを乗せれば、“ふにゃっ”となる部分ができるのは当然です。しかし、敷き込みの絨毯の種類(毛足・厚さ等々)や、上に置くラグの種類、サイズによって、その“ふにゃ”加減が異なりますし、上のラグの裏に細工することで、対応できないこともありませんが、いつも弊社がお納めしているラグの状況をあらためて、確認してきた次第です。

 

【写真・左下】敷き込みの絨毯の全厚14mmの上に、サンプルのラグを敷き、テーブルの足【写真・右下】同絨毯に、大きな置き敷きのラグを敷き、ベッドを置いた状態。このラグだったら、大丈夫かな?と思います。

 

【写真・左上】フェルトの“ふにゃ”感が良くて購入したクリスマス・オーナメント。ショールームのソファに座らせていただきました☆ 最近、手作り系のオーナメントが続いています♪【写真・右上】カーテンまわりのアクセサリー。お客様に提案するのが楽しみです☆

 | 一覧へ | 

▲ページTOP