東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2007年04月25日

高級カーテンのFISBA(フィスバ)の新作発表会


 

おしゃれで洗練された高級カーテンを提案している日本FISBA(フィスバ)のプロ向けの新作発表会に行ってきました。東京丸の内の国際フォーラムで行われた発表会は、スイス本社で製作を行っているシュナイダー氏が紹介するショースタイルで行われました。

 

今年のカーテンの流行は、柄は大胆・ドラマティック・花柄など、ダーク(暗め)な色で茶色・チャコールグレー・シルバー・シルバーグレーということでした。ショーでは、カーテンの色の発色や組み合わせの美しさ、生地の光沢感、質感がとても素敵で、思わず自分の部屋にもほしいと思ってしまいました。

 


 

素材では、今年はシルクが多く提案され、シルクのやわらかい光沢や、カーテンを束ねたときにできるしわのサクっとした感じが、高級感を感じさせました。コレクションのなかでは、素材が違うものでも同じ色につくられているものもあり、違う柄の商品を色々と組合わせができるので、アレンジも楽しめそうです。

 

また、ヨーロッパではベルベットも人気が高まってきているそうで、コレクションでは新しいベルベットのシリーズが紹介されました。カーテン生地のなかには、椅子の張り地としも使えるものがありますので、カーテンとのコーディネートが楽しめそうです。

 

 

素敵な商品が多くあったなか惹かれたのが、ベッドリネン。ジャガードのリネンは、グレー・シルバー系と茶色の組み合わせで、大人の高級感を感じました。ヨーロッパでもとても人気があり、生産が間に合わないほどで、日本では5月ぐらいからの販売になるそうです。

 

テレビ朝日ドラマ「ホテリアー」、フジテレビドラマ「わたしたちの教科書」でもフィスバのカーテンが使われているそうです。ドラマを見られた方は、カーテンにもご注目ください。

 

なお、ホームデザインは、フィスバをはじめ多くのカーテンメーカーから、お客様にあったベストのカーテン、ベッドリネンをご提案・お納めしています。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP