東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2003年06月30日

■□ Home Design マガジン  vol.17 -2003.06.30- □■

-----------------------------------------------------------------–
■ごあいさつ             ■〜心地いい家を創るには〜 構造編 2
■6月のプレゼント当選者     ■インテリアにいかすアロマテラピー
■7月のプレゼント          ■100枚の絵皿と100羽の鶏展
■梅雨の湿気対策は?      ■編集後記
-----------------------------------------------------------------–
■ごあいさつ
-----------------------------------------------------------------–
 ヨコハマでは「梅雨のなか休み」を思わせるような日が続いています。
 皆さま、お住まいの地域ではいかがですか?
 「紫陽花」と「雨」がこの時期を代表するものだと思っていましたが、
 「さくらんぼ」もだったってことをTVのニュースと、山形から届い
 たほんのり甘い果実から再確認しました。・・・この時期も結構いい
 かなって思っています。
 今回のメルマガでは、在来工法のメリットを紹介した「〜心地いい家
 を創るには〜」と「梅雨の湿気対策」を中心にお伝えします。では、
 Home Design マガジン vol.17 をお届けします。
-----------------------------------------------------------------—
■〜心地いい家を創るには〜 構造編 2
-----------------------------------------------------------------–
 構造編の2回目です。前回は、在来工法は柱と梁=線の構造、2×4工
 法は壁=面の構造というお話をしました。
 在来工法は線で構成されています。部屋と部屋を襖などで仕切り、時
 にはつなげて使うことができます。現在の住宅は、リビング・ダイニ
 ング・寝室・子供部屋というように役割ごとに部屋を分けているので、
 おのずと仕切り壁が多くなり、「つなげて使う?」と思われる方もい
 らっしゃるかもしれません。
 TVのリフォーム番組などを見ていると、大胆に壁をぶち抜いて、暗
 くて狭いキッチンを明るく広いダイニングキッチンに変身させたりし
 ています。部屋が壁でなく、柱で支えられていたというのがわかりや
 すい例です。
 壁で隠れていても構造体は柱と梁。部屋の間仕切壁は構造に関係がな
 いので取る事ができます。これは面で支える2×4工法ではなかなかで
 きない、在来工法の特長です。とはいえ制約がまったくないとはいえ
 ませんので、ご自身でハンマーを振るう前に、専門家にご相談くださ
 い(笑)
★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★
 もう一つの大きな特長は、昔ながらの寸法基準:「尺貫法」が使われ
 ていることです。実際には尺貫法をミリメートルに直して使っていま
 すが、建築の現場では、今でも生きている計量法です。1尺=約303mm
 家全体、廊下の巾や浴室などもこの寸法を基準に考えられています。
 木材も無駄が出なようにこの基準で製材されているので「廊下の幅を
 1m、部屋の大きさを4m×6mに」ということは可能ですが、木材の
 無駄を考えると避けたほうが経済的です。ただ、この基準があること
 により家全体が秩序だって美しく見えるのも確かです。
 「部屋を襖で仕切り、時にはつなげて使いたい。」「将来2つの子供
 部屋をつなげて1つの部屋にしたい。」というように、フレキシブル
 に使いたい方、または「尺」を基準にした木造の秩序だった美しい架
 構(見せる梁や柱)をインテリアに取り入れたいと思われる方は在来
 工法を検討されるのをお勧めします。次回は2×4工法の特長をご紹
 介します。    
-----------------------------------------------------------------–
■6月のプレゼント当選者
-----------------------------------------------------------------–
 6月のプレゼントは、グレープフルーツのアロマオイル(アロマシー
 ト付)を5名様に→ http://www.home-d.co.jp/mailmg.html
 当選者は、乙部様・森崎様・上野様・横山様・荒川様です。
 おめでとうございます!当選者の皆さまは、お届け先(住所・氏名・
 電話番号)をお知らせください。→info@home-d.co.jp
-----------------------------------------------------------------–
■インテリアにいかすアロマテラピー
-----------------------------------------------------------------–
 「香りを楽しみながら、くつろぎの空間にアロマを取り入れて」がテ
 ーマのルームコロンづくり。→http://www.home-d.co.jp/school/
 第1回のセミナーが、いよいよ今週の木曜日に開催されます。※恵比
 寿ガーデンプレイスそばにて→http://www.home-d.co.jp/school/map.
 私もオリジナルコロンづくりに初挑戦!ご予約の上、おでかけ下さい。
-----------------------------------------------------------------–
■7月のプレゼント
-----------------------------------------------------------------–
 7月のプレゼントは、シンプルでスタイリッシュな家具の AD CORE
 DIVISE INC. によるガラスのオイルランプを2名様に。
 
 夏にランプ?なんて心配はご無用!ガラスを水面にたとえ、灯りが水
 面にちらちらと光るさまを表現した美しいランプです。
 ご希望の方は7月末までに、info@home-d.co.jp にメールください。
-----------------------------------------------------------------–
■100枚の絵皿と100羽の鶏展【7月10日〜15日】
-----------------------------------------------------------------–
 〜マイ テーブルコーディネート〜 でお馴染みの山田祐巳さん主宰の
 ラ・チェラミカの展覧会が行われます。
 → http://www.angel.ne.jp/~ceramica
 生徒さんと山田さんによる個性的な 100枚の絵皿と鶏たちが出迎えて
 くれます。お時間がございましたら、おでかけください。
-----------------------------------------------------------------—
■梅雨の湿気対策は?
-----------------------------------------------------------------–
 気温とともに湿度も高い日本の梅雨は、人だけでなく、建物本体にも
 影響を与える季節。今回は、健康でさわやかに過ごす工夫をご紹介し
 ます。
 基本は、空気がこもらないよう、換気を心がけること。窓が限られた
 マンションでは、玄関と窓を開けるなどして、空気の入口と出口を作
 ります。晴れた日(午後がベスト)には、しっかりと換気をしましょ
 う。
 クローゼットや押入れは、びっしりといれず、壁との間に隙間をつく
 ったり、すのこを用いて空気が流れるようにします。気にならなけれ
 ば、戸をほんの少し開けておくと良いでしょう。
 浴室は、余分な水分を拭き取るのが効果的。浴槽に水を残す場合には、
 必ずふたをして、浴槽の中以外に水分を残さないよう、換気扇をまわ
 したり、拭き取るようにします。
 リフォームや新築を検討されている方は、床の下や壁・天井などに吸
 放湿性能のある素材・材料を使ってはいかがでしょう。全面に貼ると、
 素材によっては過乾燥になるおそれがありますから、壁の一面や天井
 だけでも十分だと思います。除湿機はかなりの効果が目に見えるスグ
 レモノですが、ちょっとした工夫で快適に過ごしてみませんか?
※イーウーマン<http://www.ewoman.co.jp> サーベイ『わが家の除湿
 対策は万全だ』(2002/06/24〜06/28) でご紹介させていただいたもの
 をリライトしたしました。
-----------------------------------------------------------------–
■編集後記
-----------------------------------------------------------------–
 今、ホームページのリニュ-アルの準備をしているのですが、あれも
 これも・・・と詰め込んでしまったH.P.から、どれを削除して、どん
 な新しい情報をご紹介しようかと考えはじめると・・・、思うように
 進みません。
 西洋のインテリアは足し算の美で、日本のインテリアは引き算の美と
 いわれますが、「引く」というのは、ほんとうに難しいですね。
 梅雨が終われば、夏本番!次回のメルマガは、夏に入ってからのお届
 けとなります。それまでには、コンテンツ、つくり終えたいと思って
 いるのですが・・・。
-----------------------------------------------------------------–
■発行人:(有)Home Design 久住 博子
 E-mail: info@home-d.co.jp http://www.home-d.co.jp
-----------------------------------------------------------------–
■Home Design は豊かな生活を実感できる空間をつくり出すインテリア
 デザインオフィスです。個性やこだわりを反映したリフォームの設計・
 施工を中心に、戸建て住宅やマンションの室内設計・インテリアコーデ
 ィネートの他、インテリア用品の販売を行っております。
-----------------------------------------------------------------–

 | 一覧へ | 

▲ページTOP