東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2003年10月03日

■□ Home Design マガジン vol.25  – 2003.10.03- □■

----------------------------------------------------------------------—
■ごあいさつ              ■日本人はベージュ・アラブ人は濃紺と黒?
■10/6・インテリアカラー      ■〜心地いい家を創るには〜プランニング編
■10/8・契約書のポイント     ■パース講座
■スタッフ募集             ■編集後記
----------------------------------------------------------------------—
■ごあいさつ
----------------------------------------------------------------------—
 キンモクセイの甘い香りが・・・風と共に感じられる頃となりました。もう
 秋!なんですね。皆さま、如何お過ごしでいらっしゃいますか。
 秋は運動会や行楽のシーズンですが、以前に比べるとご自宅で過ごされる:
 ホームシアターで映画や音楽を楽しまれる方も多いのではないかと思ってい
 ます。なぜなら、昨年から今年にかけてプラズマTVの設置やスピーカーに
 凝られる方が格段に増えてきたからです。
 秋の夜長、皆さんはどのようにお過ごしになりますか?たまったメルマガを
 読むっていうのもひとつかもしれませんね(笑)では、Home Design マガジ
 ン vol.25 をお届けします。
----------------------------------------------------------------------—
■日本人はベージュ・アラブ人は濃紺と黒?
----------------------------------------------------------------------—
 日本人とアラブ系の人で何が違うかというと、色を見分ける能力。一般的な
 話しですが、日本人はベージュの微妙な色の違いを見分けることができ、ア
 ラブ系の人は濃紺と黒に関して見分けるのが上手だというのです。
 先日、シルクのカーテンを納めたお客様からサンプルの色と微妙に違うとの
 お電話をいただき、メーカーの方と一諸にご自宅に伺いました。並べるとベ
 ージュの明るさが若干違います。原因は天然素材のシルクだからこその染め
 で出たわずかな差。業界的にはロット違いといいます。
 そのときに出た話がベージュを見分ける能力。和室はベージュの聚楽壁と畳、
 桧や杉など木肌も美しい木材ででています。そして肌の色。日本人のDNA
 に組み込まれているのではないかと言われるほどベージュ好きな理由は、生
 活空間に関係していたからとも言われています。
★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★
 アラブ系の人は黒と濃紺を見分けるのがお得意。黒は女性が被るチャドの色
 で、濃紺はペルシャ絨毯の美しいブルーからではないかと思っています。ア
 ラブ系の方の生活に密着した色だからこそ、黒や濃紺のわずかな色の違いを
 見つけることができるのでしょう。
 ところで、リビングや寝室などでベージュ系(アイボリーからベージュ、ブ
 ラウンまでの色)が多く選ばれる理由は、緊張をときほぐし、落ち着いた空
 間をつくってくれるのを誰もが本能的に知っているから。
 そして、その理由を「肌の色と木の木肌の色が同色系なので、敵の襲撃から
 身を守るという本能に根ざしている」と読んだことがありますが、皆さま、
 どうお感じになりますか。
----------------------------------------------------------------------—
■インテリアカラー
----------------------------------------------------------------------—
 10月6日は、カラーコーディネートのノウハウをご紹介する「インテリアカラ
 ー」講座。→ http://www.home-d.co.jp/school/senseup.html
 ゲームや演習を通して、またサンプルをご覧いただきながらコーディネート
 のコツをつかんでいただきます。
 ●日時 :10月6日(月) 10:30〜12:30
 ●テーマ:インテリアカラー             ●参加費:1,000円
 ●場所 :恵比寿ガーデンプレイス・恵比寿ビュータワー1階集会場
※地図 :http://www.home-d.co.jp/school/map
----------------------------------------------------------------------—
■〜心地いい家を創るには〜プランニング編-1
----------------------------------------------------------------------—
 皆さんは、間取りを考えるとき何から考え始めますか?不動の広告にはよく
 「3LDK」とか「4LDK」と書かれています。数字は部屋の数、Lはリビング、
 Dはダイニング、Kはキッチンです。この「nLDK」という表現が使われるよう
 になったのは、それほど昔のことではありません。
 戦前の日本の住宅は「田の字型」といって、廊下をはさまず各部屋が田の字
 のように配置されていました。それぞれの部屋はたいてい襖でつながってい
 たので、大きな部屋を必要に応じて仕切るような感覚で使っていました。
 今のように、リビングやダイニングなどというように用途に合わせた部屋と
 いう考え方はありませんでした。
★‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥★
 戦後になると深刻な住宅難を解消するために、住宅公団(現住宅都市整備公
 団)が基準パターンをつくり、大量に供給していくようになりました。復興
 が進むうちに専用面積が増え、寝室と食事室が分離した「寝食分離型」が生
 まれました。
 次にキッチンを大きくして食事がとれる「DK」が生まれ、1967年には「DK+
 L」=「LDK」という基準ができたのです。生活の欧米化とともにこのスタイ
 ルが定着していきました。
 すっかり定着した感のあるnLDKですが、最近少し変わってきたように感じま
 す。家を建てたいと考える方たちのライフスタイルの多様化が進み、お仕着
 せのnLDKではおさまらなくなってきているようです。
 扉のほとんどない広いワンルームのような部屋を選ばれる方もいらっしゃい
 ます。扉で仕切るのではなく、「スキップフロアやオープンな吹抜けにして
 視線をずらす」や「壁を少しずらして部屋の中が見えないようにする」など、
 各人が気配を感じながらもある程度の距離感を保つなどの工夫がなされてい
 ます。
 「家を建てたい」と思うとき、自分たちはどんな空間で、どんなことをした
 いと思っているのか・・・リビングのでくつろぎ方/家族との過ごし方など
 も含め考えてみることが大切です。
----------------------------------------------------------------------—
■契約書のポイント
----------------------------------------------------------------------—
 10月8日の神奈川起業家ネットワーク
 セミナーは、戸田弁護士による「契約書のポイント」です。
●日時 :10月8日(水)  18:30〜20:00
●テーマ:「ころばぬさきの杖」 法律を味方にする 契約書のポイント
●講師 :弁護士 戸田浩介氏
●会費 :会員は無料・非会員の方はビジターで参加会費 1,000円
※申込/問合:雇用・能力開発機構 神奈川センター 企画部門 成川さん
      TEL:045-212-4085   ★m1.narikawa@ehdo.go.jp
----------------------------------------------------------------------—
■パース講座
----------------------------------------------------------------------—
 インテリアコーディネーターの2次試験だけでなく、実務でも活躍するパース
 とプレゼンテーションの技術。クレッセンド.では、集中講座(6名まで)を
 準備しています。→ http://www.home-d.co.jp/school/career.html
----------------------------------------------------------------------—
■スタッフ募集
----------------------------------------------------------------------—
 Home Design では、お客様に喜んでいただける空間を一緒につくりあげてい
 ける人財を求めています。詳細は→http://www.home-d.co.jp/company/staff
----------------------------------------------------------------------—
■編集後記
----------------------------------------------------------------------—
 今日、取材の関係で以前の仕事風景の写真を持ってきたところ、スタッフに
 「若いですね〜」と言われてしまいました。16年前と7年前のもので、それぞ
 れ人生の転機を迎えようとしていたころの写真です。
 40代半ば?となり、体力的には以前のような無理は効かなくなりましたが、
 気持ちはますます元気!私も参加させていただいているOGの食事会においで
 になる先輩のなかには、私より2まわり以上も年上でいらっしゃるのに、事
 業やボランティア・趣味で、生き生きとされている方が多くおいでです。私
 も圧倒されそうなくらい・・・。
 お食事よりは素敵な先輩にお会いして、エネルギーをいただく?のが病みつ
 きになったくらい。女性が年齢を重ねてもなお人生に現役っていうのを、私
 も見習って、たくさん生きたいなぁと思っています。
 イベント・行事も多く過ごしやすい秋。みなさんは、どんなことを“たくさ
 ん”されますか?
----------------------------------------------------------------------—
■発行人:(有)Home Design 久住 博子 TEL :045-242-7964
 E-mail: info@home-d.co.jp http://www.home-d.co.jp
----------------------------------------------------------------------—
■Home Design は豊かな生活を実感できる空間をつくり出すインテリアデザイ
ンオフィスです。個性やこだわりを反映したリフォームの設計・施工を中心
に、戸建て住宅やマンションの室内設計・インテリアコーディネートの他、
インテリア用品の販売を行っております。
----------------------------------------------------------------------—

 | 一覧へ | 

▲ページTOP