東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2005年08月24日

家具とドア、最後の仕上げはつまみとハンドル

食器棚やリビングボードなどのオーダーメード家具やオリジナルのドアをつくるとき、私たちのひそやかな楽しみに、つまみやハンドルを選ぶというのがあります。
卵が流れたようなノブは、見た目より家具や手になじみます。掴んだときすんなりおさまる丸み、木の温もりを感じさせるクロームのレバーハンドルは、何気ないドアをおめかししたように変えてしまいます。

ここ数年、細長いプルノブがトレンドでしたが、最近は太めが目立ちます。シルバーのハンドルも、クローム・パールクロームで艶が異なります。私たちのこだわりだったのですが、以前、一度納めたハンドルが既製家具の艶と異なることに気づき、納品後に変えさせていただいたことがあります。また、キッチンの扉と同じつまみを入手して、ダイニングの造り付けのカップボードに付けたこともあります。
一度、つまみやドアハンドル、よくご覧になってはいかがですか。取付ネジの位置があえば気に入ったハンドルに取り替えるのも素敵です。もっとこだわりたい方は、オリジナルでつくることも。 ■右上・左上の写真はカワジュン。左横の写真はロートアイアンのオリジナル。
■ブログの運営 : ホームデザイン  横浜・東京・神奈川
HP リフォーム設計とインテリアコーディネート事例集 ・インテリアショッピング ブランド
blog インテリアコーディネーターと一級建築士による 「インテリア設計事典」↑TOP

 | 一覧へ | 

▲ページTOP