東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • カーテンを開けた明るいリビングでホームシアターを楽しむ

2006年08月09日

カーテンを開けた明るいリビングでホームシアターを楽しむ

昼間、ホームシアターを楽しむには、カーテンを閉めて暗くしないと、外の光が入って見づらいと思っていらっしゃる方が多いと思います。
今日は、明るいリビングでも高画質な画像をご覧いただけるJET BLACK(ジェットブラック)のスクリーンを体験しました。※今日は台風のため、40型の小型スクリーンをお持ちいただきました。
想像していたよりずっと美しい画像でびっくり。明るい部屋で鮮明な画像を見れるとは画期的です。写真で撮ってこれくらいですから、どれくらい鮮明な画像かは想像していただけると思います。黒いスクリーンが、リビングの白い天井クロスや照明の光などを吸収・反射を防ぐため、鮮やかですし、長時間見ても目が疲れません。
ホームシアターも楽しめますが、DVDやパワーポイントを使ったセミナーでも威力を発揮しそう。セミナーでは、画面を良く見せるために照明を落としますが、メモとったり講師の話を聞くには、照明をつけなければなりません。でも、明るい環境で、大画面で美しい画像を見ることができればベスト。
また、昼間のホームパーティーでも活躍しそう。変わったところでは、保育園などでも活躍するのでは?プロジェクターを天井に固定し、スクリーンを天井から下げれば、子供たちにいたずらをされることなく、大画面を楽しむことができます。写真は、大日本印刷のスクリーン。電動タイプ、モバイルタイプ、ボードタイプがあります。
これまでホームシアターには、遮光カーテンをご提案していましたが、お好みのデザインと遮光機能が一致しないことが多々ありました。このスクリーンを使えば、どんなカーテンでもOKですので、インテリアコーディネートの幅がひろがります。スクリーンは貸し出しをして下さいますので、試用ご希望の方は弊社にお問合せ下さい。
ホームデザインは、海外でスキルを磨くなど多彩な経験をもつ女性のインテリアコーディネーターと一級建築士がお客様のご相談を伺いながらコンサルティング、こだわり仕立ての空間をご提案しています。 ■ホームデザイン一級建築士事務所 横浜 東京 神奈川
■リフォーム設計と家具・カーテン・収納のインテリアコーディネート&デザイン実例・写真

 | 一覧へ | 

▲ページTOP