東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2009年06月29日

映画「ハゲタカ」

以前、NHKで放送された「ハゲタカ」の劇場版を観てきました。テーマは、企業買収と企業再生。日本の基幹産業である大手自動車メーカー(アカマ)を買収にきた中国系ファンド(赤いハゲタカ)、それを阻止するために舞い戻ったのは、かつてハゲタカと評された伝説のファンドマネージャー。

 

リーマンショックによる金融危機や派遣切りなどの雇用問題も反映して撮られていましたが、現実で起こっていることのほうが厳しいと感じました。映画館での予告編は迫力があったので、「気合が入るかなぁー」と思って出かけたのですが、映画のあとは温かな思いが残りました。それは、企業も個人も同じで、お金(利益)は大事だけど、働く(経営する)軸はそれだけではない。夢や希望があるから諦めないし、それが結果につながると感じさせてくれたからです。

 

映画の冒頭では「生ぬるい日本」と表現されていましたが、最後に「この国も捨てたものではない」とありました。捨てたものじゃないにするのは他人でなく私たち … … そんな思いで自宅へと帰りました。
※追伸:映画の感じ方は人によって異なりますが、趣味で★で表してみようかと思います。

 

「ハゲタカ」     ★★★☆☆(3/5)
マンマ・ミーア!」★★★☆☆(3.2/5) 元気になる映画!
「チェンジリング」 ★★★☆☆(3.5/5) ブログにはアップしてません。AJ、迫真の演技
MILK」       ★★★★☆(3.8/5)   
グラン・トリノ」  ★★★★☆(4/5) 
天使と悪魔」   ★★★★☆(4/5) イタリアが美しい
レッドクリフ PartⅡ」 ★★★★☆(4.3/5)
ある公爵夫人の生涯」★★★★☆(4.3/5) インテリアも素敵
フロスト×ニクソン」  ★★★★☆(4.3/5)
スタートレック」     ★★★★☆(4.5/5) 一番好きな映画です♪
「愛を読むひと」      ★★★★☆(4.5/5)
レボリューショナリー・ロード」 ★★★★★(5/5) 今年一番の映画でした!

 

今年に入ってから映画に戻りましたので、月に2本位は観てます。仕事が終わって映画を観て、のんびり歩いて帰るのが習慣になってしまいました(笑) タイミングがあわず見逃してしまう映画もありますが、迫力あるTVを観る感じで、生活の一部です。(^^) 次は「それでも恋するバルセロナ」を観たいですね♪

 | 一覧へ | 

▲ページTOP