東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2009年09月22日

TVで観た映画「おくりびと」

ご覧にならった方も多いと思いますが、昨晩、TVで映画「おくりびと」を観ました。素晴らしい映画でしたね♪ 亡くなった方に敬意をはらい、気持ちを込めて美しく整え送り出す納棺師という仕事の様子をはじめてみました。夫婦や家族の情愛についても感じることが多々ありました。

 

印象に残ったのが、吐き気をもよおしながらも、向き合った主人公(大悟)のはじめての仕事。そして、納棺師の仕事に反対する奥さんが実家に帰ったあと、穏やかで美しい田園風景のなかで大悟が弾くチェロ。

 

幾たびも幾たびも弾かれるチェロの音色とともに、一生の仕事として納棺師ができるだろうか… …と考えているのか?奥さん?父親を思い出しながらか… …?と大悟の心のうちを感じていました。

 

映画上映のタイミングとあわなかったため、TVでの視聴となったわけですが、仕方ないとわかっていても、残念だったのがCMで感情が途切れてしまうこと。自分の気持ちの内に入っている時に、CMが入ってきます。映画を見逃したら、TV放映で面白いと思ったら、情感を感じたいと思ったら、やっぱりDVD☆と実感しました。

 

最後になりましたが、納棺師という仕事に向き合う気持ちを表現した本木雅弘さんの演技に感動しました♪

 | 一覧へ | 

▲ページTOP