東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2010年01月05日

映画 『AVATAR(アバター)』

 

お正月に観た映画はジェームス・キャメロン監督の『AVATAR(アバター)』。TVの告知では内容がわからなかったのですが、普通の顔・姿で演技した俳優を撮ったフィルムが、撮影現場で、目や筋肉の動きまでもリアルな状態で青い猿人のようなアバターに変換できるという特殊技術(CG)でできた映画であるということと、3D技術を体験したくて観てきました。

 

22世紀、元海兵隊員で下半身不随・車椅子のジェイクは、急死した兄と遺伝子が同じことから兄に代わって、高額な報酬につられ、アバター計画に参加、遠い星のパンドラに向かいます。原始の森をもつパンドラには、身長が3m位もあって俊敏、青い顔・体で尻尾もある先住民ナヴィや、どう猛な動物が多く生息して、危険な星でしたが、神秘的な美しい星でもありました。

 

アバターとは、人間とナヴィの遺伝子を組合せてつくったハイブリッド種。人間がカプセルの中で眠っている間だけ、自身の分身であるアバター・ナヴィの姿を借りて、そこに意識を入れることができる人造生命体です。アバターになれば、ジェイクは負傷前のように走ることもできました。

 

人類がパンドラで得たいものは、滅びようとする地球を救うために有益で、桁外れに高額な鉱物。その鉱物を採掘するために、人が呼吸ができないパンドラで、ナヴィを追いやるための作戦として、アバターとなって潜入します。そして、ジェイクは、勇敢なネイティリ(部族長の娘)と恋に落ちますが、人類とナヴィの最終決戦が近づいて… …。

 

ジェイクとネイティリたちのピュアな感情と、リアルな人の目をしたアバター&非リアルなパンドラの美しい映像のミスマッチにも関わらず、不思議な感動がありました。3D用のめがねをかけて上映時間162分は少しきつく感じましたが、それでも、3Dで見るパンドラの自然は、想像していたよりはるかに幻想的で美しく、迫力もありました。映像の美しさは必見です!【2009年 製作・アメリカ (注)掲載画像は映画のチラシです】

 | 一覧へ | 

▲ページTOP