東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2010年01月31日

映画 『OCEANS』・オーシャンズ

 

昨晩、横浜・みなとみらいの映画館で、ネイチャー ドキュメンタリー 『OCEANS』・オーシャンズを観ました。映画のブログが続くと、「仕事しているの?」と思われては?と不安ですが、仕事もしています。(^_^;) 昨日の『ミレニアム ドラゴン…』でちょっと重くなったので、気分を変えたいと出かけました。

 

さて、オーシャンズ、まず、海の美しさに感動しました。白い波、吹き上げるしぶきからは冷たい風、最後の荒波では厳しさや怖さを感じました。そして、深さや時間、地域によって異なる海の青さ。その海で生活する生き物たちの姿は、水族館で見た姿とは異なっていました。

 

岩ではグロテスクに見えるイグアナも、水中で手足を動かす様は人間のようでユーモラス。クリクリと動く魚の目は可愛く・ひょうきんにも見えます。水族館のショーでは、大きくて迫力のあるアザラシも、砂浜でゴロゴロ寝転ぶ姿は、リビングのお父さん?群れをなして泳ぐアジ、ずっと遊び・体をよじりジャンプしながら泳ぐイルカ、世界の海を渡り泳ぐクジラ… …様々な生き物が海や浜で生活する様は、見ていて飽きません。

 

感動したのが、セイウチだったでしょうか。お母さんが、人間のように赤ちゃんを抱いて、半身を海から出していた姿。そして、サメのような大きな魚にふれながらダイバーが一緒に泳いでいたのにも感動しました。ちょっと残念だったのが、いや、海外(フランス)の映画だし、仕方ないのかなぁと思ったのが、環境や絶滅危惧種の流れで、クジラの話しがでたこと。

 

その前に、網にかかったサメの尻尾だけを切り落として並べて干し、体を海に捨てる東洋人の映像があって。欧米人も食するとはいえ、残酷に見える光景で&現実なのですが、クジラの話と混同する人がいるではないか?研究捕鯨と商業捕鯨の違いも理解されないで問題も起こっているので、そのあたりがう〜ん… …。

 

美しいのでDVDでも観たい映像ですが、映画館の迫力は違います。大人と同伴のお子さんは500円ですので、ご家族でご覧になってはいかがでしょうか。
☆『オーシャンズ』を含む映画blogは ⇒ こちら

 | 一覧へ | 

▲ページTOP