東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2010年08月29日

映画 「きな子 〜見習い警察犬の物語〜」

 

先日の水曜日横浜・みなとみらいの映画館で「きな子 〜見習い警察犬の物語〜」 を観ました。タイトルをみれば、内容もイメージできる映画ですが、それでも惹きつけられるのは、動物(ワンちゃん)の魅力でしょうか。

 

映画では、香川県に住む杏子(きょうこ):あだ名「あんこ」が、子どもの頃からの夢である警察犬の訓練士になるため、訓練所で出会ったゴールデン・リトリバー:あだ名「きな子」と共に育っていく様子が描かれています。「きな子」の由来は、ゴールデンがきな粉色だったからですが、主人公の「あんこ」に対して「きなこ」、いいペアです。

 

シンプルな映画ですが、ずっこけ具合に本気で笑ったり(久々にはまりました)… …、きな子の健気な姿に胸が熱くなりました。また、夢をあきらめず、挑戦しつづける杏子のまっすぐな姿に、自分も頑張ろうという気持ちになりましたし、映画館を出た後は、とっても優しい気持ちになりました。

 

大人も十分楽しめる映画です。じつは、この物語は実話。映画が少し意外な終わり方をしたのですが、答えはエンディングクレジットの後に用意されていました。だから、映画が終わっても帰らず、最後までご覧になって下さい。今、私の机の前には、かわいいきな子の写真(ファイル)が貼られています。

 

☆追記:タイトルに警察犬が入っていたのにも興味を持ちました。きな子は何度も警察犬試験に挑戦するなか、交通安全教育の他、幼稚園のクリスマスでサンタの格好をしたり、金毘羅さんで写真撮影に協力したりと活躍。

 

また、警察犬をやめた後は、友人の家にいるジュールちゃんのように、一般家庭の里親の家に引き取られるワンちゃんもいるようです。私たちのために働いてくれた警察犬、 引退後はゆっくり過ごしてほしいですね。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP