東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2011年01月12日

映画『ハーブ&ドロシー』

映画 『ハーブ&ドロシー』

映画 『ハーブ&ドロシー』

 

映画『ハーブ&ドロシー』を観ました。NYにつましく住む普通の市民・老夫婦であるハーブとドロシーが、現代アートを購入し続け、世界屈指の現代アートのコレクターになったお話し・ドキュメンタリーです。

 

元郵便局員のハーブと、元図書館司書のドロシーは、結婚後、互いに大学でアートを学び、描いていましたが、やがて、自分たちのアパート(日本でいうマンション)に入るサイズで、自分たちのお給料で買える現代アート【ミニマルアートやコンセプチュアルアート】を購入するようになります。

 

生活の全てがアートとともにあった2人は、アーティストからも尊敬される存在。昔も今も、毎日、ソーホーなどのアートギャラリーをはしごして、まだ売れていないアーティストを見つけ、語り合い、全ての作品を見て購入する事を繰返したため、狭いアパートは作品で溢れかえっていた。

 

40年かけて集めた作品は4,000点以上、価値の上がったアートばかりだから売れば莫大なお金になるにも関わらず、ナショナルギャラリーなどに寄贈することに… …。ニューヨークでは、アートがとっても身近。点在するギャラリーやアップタウンの美術館に立ち寄るのは、私にとっても一番の楽しみ☆

 

貪欲にアートを集めながら、地味に&仲良く暮らす2人を見て、ほのぼのしましたし、温かな気持ちになりました。2人の人生の目的を考え、自分の人生を考えたり… …。映画を通して現代アートを感じることもできて、幸せでした。アートって理屈じゃなく、感じるものですしね。

 

上映は、各県1館程度で、東京・渋谷と、横浜・ジャック&ベティは共に1/14まで。川崎アートセンターは、2/19〜3/14なので、興味がある方はお早めにお出かけ下さい。

 

☆追記:今日は横浜・みなとみらいの映画館で『しあわせの雨傘』をみる予定でしたが、観たかった時間は満席でした。それで、関内の『ハーブ&ドロシー』に変更。観たい映画でしたし、上映終了前に観れたので、結果として良かったです!午後から原稿を書きに事務所に出たのですが、今日は問合せや連絡が続き、(定休日でしたが)普段のように仕事をしていました。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP