東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2011年11月27日

映画 『マネーボール』

 

昨晩、横浜みなとみらいの映画館で、ブラッド・ピット主演の『マネーボール』を、観てきました。ちょうど、日本である球団のGMとオーナー間のトラブルが起こっている影響か?レイトショーにも関わらず、それなりにお客様は入っていました。

 

ニューヨーク・ヤンキースなどの資金が潤沢な球団と比べると、選手の給料の予算が四分の一しかない貧乏球団、オークランド・アスレチックスのGM(ジェネラルマネージャー)ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)が、スター選手らを引き抜かれた後、故障した選手や、他で見放された選手たちを予算内で集めて、マネーボール理論で勝ち続けたという実話です。

 

マネーボール理論とは、打率ではなく(四球も含めた)出塁率で判断、守りができなくても出塁率が高ければいい。バントや犠牲フライ、盗塁はしない… …といったそれまでの主観にとらわれないで、客観的に積み上げたデータから、打てる球を狙って打つことで、出塁率を高め、得点をあげることですが、従来のシステムからは、奇策にしか見えなかったようです。

 

映画のなかで、「弱い球団は、強い球団のファーム(選手を育てる二軍)のようだ」と言っていましたが、アスレチックスと地元・横浜ベイスターズなどを重ねて観ていました。また、マネーボール理論で勝ち続けるアスレチックスとともに、契約という紙切れ1枚で、トレードするGMと、される選手から、プロの厳しさも伝えていました。

 

前半は少しまったり感じることもありましたが、選手のトレード話や結果が出るにしたがって盛り上がり、最後に一徹なビリーが出した決断には、共感しました。立場はGMとは異なりますが、日本では、野村監督のID野球は有名でしたし、上層部とぶつかってもオレ流を貫いた落合監督とも通じるところがあるかな?頑固で、男っぽいブラピが素敵でした☆

 | 一覧へ | 

▲ページTOP