東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • サッカーW杯アジア最終予選 「日本 対 カタール」 観戦記

2009年06月11日

サッカーW杯アジア最終予選 「日本 対 カタール」 観戦記

 

 

昨晩、サッカーW杯アジア最終予選 「日本 対 カタール」戦横浜・日産スタジアム)をスタッフと観てきました。結果は、残念な引き分けでしたが、初めてのサッカー日本代表観戦の様子をご紹介します。

 

■写真・1枚目:まず、小机駅で日本代表の青いタオルと携帯ストラップ(遠藤の7番)を購入。スタジアムまでの歩道には、地元の子どもたちが描いた横浜F・マリノスを応援する絵が続きました。
日本代表への応援メッセージで作られたブルーの横断幕「ブルーロード2010!」(ファミリーマート協賛、朝日新聞後援)は、新横浜駅側でしたので帰りに見ました。今、スポーツはいろいろな形で企業とコラボしているんですね。

 

■写真・2枚目:スタジアムに入ると、無料のフェイスペインティングや、フリーキックゲームに勝つとプレゼントがあったりで、サッカーを盛り上げようとしているのが伝わります。昨日は、W杯予選突破を記念して、全員に特製タオル(裏面に岡田監督のメッセージ)のプレゼントがありました。

 

■写真・4枚目:席につくと、芝生が美しいのにびっくり。10万人収容のスタンドは広くて席を探すのに一苦労。ようやくとれた席は、入場の様子やベンチが見えるバックスタンド。でも2F席だったので、選手の動きは見えても、顔が見えないので、背番号を見て応援!バックスタンドでは、椅子に置かれた紙を使って日の丸を描いたのですが、こんな形でゲームに参加できるのは楽しいですね。

 

■写真・5枚目:観戦の必須アイテムはジャパンブルーのタオルですが、選手の背番号入りのユニフォームを着た観客は想像よりはるかに多かったですね。

 

試合中、気になったのがブーイングと「あぁ〜あ」というため息。点をとるチャンスでミスると、(私も出てしまうのですが)数万人が一斉に「あぁ〜あ」。一生懸命に応援していればこその自然な反応なのですが、これまで聞いたことがないような大きなため息の渦なので、選手、凹んでしまうのでは?と心配しました。また、失敗しても責めずに頑張れ!と応援していたので、選手の立場に立った応援の仕方が気になりました。

 

試合終了後、W杯出場を記念したセレモニーが行われたのですが、昨晩のゲーム内容から岡田監督が「ホームで良い試合を見せたかったが、選手の力を引き出してやることができず、申し訳ありません。」と、深々と頭を下げられました。私たちはこれからも応援していきます♪

 

■写真・7枚目:すべてのイベントが終了した後、監督・選手は、競技場を回ってファンに挨拶。一緒に観戦したスタッフは「Jリーグを観に来ようかな?」と言っていましたし、私は代表戦の親善試合も観たいと思っています。 

 | 一覧へ | 

▲ページTOP