東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 夕方の富士山&五合目、イタリアン 【夏休み-3日目】

2009年08月05日

夕方の富士山&五合目、イタリアン 【夏休み-3日目】

 

2日目、夕方の富士山。雲の一部が赤く染まっています。薄い雲はありますが、右側の裾野も見えます。2泊目は、富士山が見える河口湖畔のホテルに泊まったのですが、夕方まで部屋にいて、富士山と流れる雲を見る合間に、の〜んびり本を読んでいました。

 

夜は、地元の友人とMARCO GARATTI(マルコ ガラッティ)に。富士山麓の深い深い森のなかの別荘地にあって、これぞ隠れ家レストランという感じ。友人のお父様が送り迎えして下さったので行けましたが、地元でない方はお店の方によく聞いてお出かけ下さい。ナビがあっても街灯がない森はちょっと大変かもしれません。でも、苦労しても行きたいレストランです。

 

写真は、リクエストして作っていただいた野菜のグリル、地元の新鮮な野菜は甘く、それぞれの味が楽しめました。左上のモッツァレラチーズ入りのイカ墨パンは絶品。お袋の味的なイタリアン、どの皿も美味しくいただきました。

 

3日目は早朝から雲が出ていましたが、バスで5合目(標高2,305m)まで行くことに。5合目は雲のなかで、頂上(標高 3,776m)も下(アルプスの山々など)も見えなかったのですが、一瞬、頂が見えたのでシャッターを押したつもりが雲の中。でも、右側から中央の頂に向かってぼんやりと見えます。

 

意外だったのが、5合目と頂上の高低差は1,471mあるわりには見た目では近く感じたこと。しかし、5合目から先、数時間をかけて急な斜面を登っていくときは上がる心拍数とつきあい、下りるときは脚への負担もあって大変なのだそうです。

 

登ってみたいと思わなくもありませんが、軟弱な私はホテルから美しい富士山を見ることがあっているような… …。

雄大な富士山を感じることができ、いい休暇となりました。 

 | 一覧へ | 

▲ページTOP