東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2011年06月01日

インテリアも衣替え

 

 

衣替えの時期ですね。透け感のある男性のスーツを見ると、女性の絽の着物を連想します。今年は節電で、超クールビズが提案されていますが、営業の方は従来通りなんだろうか?と、勝手に心配しています。(苦笑)さて、洋服だけでなく、インテリアも衣替えしてはいかがでしょう。

 

クッションやベッドリネンでしたら、気軽に替えられますね。弊社のお客様には、夏と冬用にと、色と生地の織りが異なる(カバーリング用の)ソファカバーを2枚購入されたお客様がいらっしゃいました。写真は、今日、横浜みなとみらいのショップで購入した夏用のスリッパ。一年を通して、長く使うものであればもう少し良い物をと思いましたが、一定期間経ったら交換するので、リーズナブルなものにしました。

 

スリッパを購入した後、1窓1万円と表示されたオーダーカーテンをはじめて手にとってみました。そして、1万円なのはドレープ(厚手カーテン)だけの値段であって、レースと組み合わせると2万円弱かかるのを知りました。また、生地も縫製も弊社のオーダーカーテンとはまったく異なり、費用とグレード感を考えたら、弊社のオーダーカーテンは納得でした。

 

しかし、スリッパを季節や短い年数で交換するように、「季節でカーテンを掛け替える」や「カーテンも気分や、短い期間で交換する」という発想なら、リーズナブルなカーテンを利用するのも一案です。逆の考え方は「良いものをメンテナンスして、長く使う」ですね。

 

そういえば、随分前になりますが、夏用にと上質な麻素材を使用した軽やかなカーテンフィスバ社の高級カーテン)をお取付したお客様がいらっしゃいました。本音では、そうあってほしいのですが、なかなか難しいですね。カーテンを掛け替える予定がないようでしたら、白いレースを洗ってはいかがでしょう。風にゆらぐ洗いたてのレースが、涼しさを演出してくれます

 | 一覧へ | 

▲ページTOP