東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2007年04月28日

建設現場の業界用語(隠語)「あいばん」で大笑い

GW初日、今日は打合せがないので、少しゆったりムード。そういえば… …という感じで、先日、スタッフが職人さんとの電話で話していた「あいばん」の意味を聞いてみました。

 

まず、ヤフーの辞書で「あいばん」を調べて、一般的にはスタッフが意図した意味を持たないことを確認。それを見て「えっー、今までずっと使ってきたんです〜」とショックを隠せないスタッフ。

 

次に、さまざまな辞書のデータを検索できる「weblio」であいばんを検索すると、①タクシーの乗務員さんの用語 ②実用空調関連用語で「相番:相棒、一緒に作業する仲間、異なる業種で一緒に作業する仲間のこと」とでてきました。

 

ゼネコンで現場管理をしていたスタッフにとっては、相番は普通のことばだったのですね。 しばし、2人で大笑い… … 。スタッフのご主人も同じ仕事でいらっしゃったので、家庭でも話しが通じて、業界用語とは思っていなかったようです。

 

私はインテリアから建築に入ったので、建設に関する業界用語(隠語※)だと、「?」ってことがあります。※隠語:ある特定の専門家や仲間内でしかその意味がわからない言葉や言い回し

 

ちなみに、私も知っている業界用語だと、現場で「ネコもってきて」は「猫ではなく、一輪の手押し車を持ってくる」、「フネ」は「船ではなく、左官屋さんがモルタルをこねる長方形の箱のこと」… …。

 

私たちは、お客様との打合わせなどでも、わかりやすくお伝えするよう専門用語、業界用語(隠語)は控えるよう心がけています。これからも注意していきたいと思っています。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP