東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2007年06月29日

現場でのダメだし

今朝は、スタッフと一緒に、引渡しが近いマンションリフォームの現場に行ってきました。明るく気持ちのよい空間に変わってほっとしましたが、細部の仕上げが気になり、手直しをしてもらうことになりました。

 

クロスの張替えと木部の塗装まで終えていましたが、「ここはしっかりサンダーをかけて、塗装しなおして… …」や「角の始末はキレイに、ここはやり直して… …」など、工務店の社長さんに伝えてきました。

 

造作家具などは工場でつくってきたものを組立てるのでパチっと決まるのですが、現場での手作業で、部材ひとつからの積み重ねである本体工事は、製作誤差が生じます。でも、現場監督や職人さんが、最後まで気を抜かずに仕事をして下さったかどうか、できた家でわかりますし、長くお住まいになる家ですから、職人さんも最後まで頑張ってほしいと思っています。

 

工務店の社長さんは、口には出されませんが、「いつものことだけど、細かいなぁ、(女なのに)きついなぁー」と思われているでしょう。でも、これでも気持ちよく仕事をしてもらえるように、やさしげ?には言っているんですが、何気に、しっかり“押して”るんで、わかってますよね。(笑)

 | 一覧へ | 

▲ページTOP