東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • イー・ウーマンで「住まいにもエコ、取り入れてみたいですか?」と病児保育

2008年07月05日

イー・ウーマンで「住まいにもエコ、取り入れてみたいですか?」と病児保育

 

今日からアップされていますが、7日(月)からイー・ウーマンで、サーベイキャスターをつとめます。今回のテーマは、「住まいにもエコ、取り入れてみたいですか?」

 

洞爺湖サミットで話し合われる環境問題。スーパーのビニール袋の有料化に対して、おしゃれなエコバックを利用したり、かわいい水筒を持参してペットボトルを減らす… … といった節約と楽しさが両立するようなエコが定着してきました。

 

今回は、エコのなかでもエネルギーに関してお話を伺います。空気の熱でお湯を沸かすエコキュートや太陽光発電などの自然エネルギーへの興味、省エネ効果のある家電の利用、冷暖房費を減らす工夫、マイカーの利用を減らしたり、節水の工夫… …といったエコへの取組みと、具体的な効果についても伺えればと思います。

 

また、家族全員でリビングで過ごす時間が長くなった… … といういうように、エコを取り入れて、生活スタイルや意識(気分)が変わったという方は、是非、ご紹介下さい。無理なく、楽しみながら、エコな暮らし。ご興味のある方はご参加下さい。

 

そして、今週、参加してほしいサーベイに「『病児保育』って、聞いたことありますか?」があります。弊社のスタッフ(全員)には子どもがいるので、横浜の病児保育園/保育室について調べたことがあります。

 

でも、保育室数はごく僅か、遠く、あっても預かれる子どもの数が限られていて、実際に預かってもらうのは極めて困難です。たまたま続いたのですが、今週の火曜&金曜日に、2人のスタッフが子どもの熱で会社を休みました。子どもの熱は仕方ないですよね。父親は会社を休みづらいので、母親が看病することがほとんどです。

 

私は、多少の熱だったら安心して預けられるベビーシッターさんや、複数の保育所に1つの割合で病児保育スペースをつくったり、小児科(病院)に一時預かりのスペースができたら、働く母親だけでなく、家にいる母親が病気になった時でも看てもらえて、安心だと思っています。サーベイはこちらにて。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP