東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 団塊世代の快適リフォーム –2  収納充実&くつろぎの空間

2009年03月01日

団塊世代の快適リフォーム –2  収納充実&くつろぎの空間

リフォーム

 

団塊世代(シニア)の方々がマンションをリフォームされる際のアイディア・2回目は、収納を充実させ、くつろぎのリビングダイニング&和空間へのリフォームです。

 

■Before
2人掛けのソファのあるリビングに隣接する和室のあるプラン。①が和室の押入れ、②は半間の収納です。

■After
【右の平面図】茶色の③が増えた約3畳分の収納
【下の鳥瞰図(アクソメ)】③の可動棚には、キッチンまわりの収納のほか、本やバックなども収納できます

①の裏側で見えづらいのですが、棚の向かい側にはパイプを通して、季節の服なども収納可能

 

和室の畳は1段上げて、畳の下に大容量の収納がとれる引き出し式の畳コーナーに。ベンチのように腰掛けたり、畳の上でくつろいだり、リビングダイニングにいる方とのコミュニケートしやすく、車椅子からの移動もしやすいやさしい和空間です。リビングには、ご夫婦でそれぞれにゆったり座っていただけるパーソナルソファ

 

④のリビングダイニングの壁面:飾り棚を兼ねたダイニングボードTVボードは、壁面収納に組み込んで、TVはダイニングからも見やすい位置に。あえて低めに造り付けた壁面収納、キャビネットの下は使い勝手を考え、引き戸と開き扉を使分けて。奥行きもあるのでアルバムや思い出の品も収納できます。住まい方・暮らし方にあわせてリフォームできたらいいですね。

 

■団塊世代の快適リフォーム アイディア-1 はこちらから

 | 一覧へ | 

▲ページTOP