東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • (団塊世代の)快適リフォーム –3 リビングキッチン&収納

2009年03月09日

(団塊世代の)快適リフォーム –3 リビングキッチン&収納

リフォーム

 

団塊世代(シニア)の方々がマンションをリフォームされる際のアイディア・3回目は、リビングの中心にキッチンがある広々とした空間へのリフォームプラン。

 

■【Before】リフォーム前は、キッチンは壁で区切られていて、壁に向かって1人で調理。リビングダイニングに和室が隣接する一般的なプランです。

 

■【After・右の平面図】広いカウンターのあるオープンキッチンは、二人で立ったり、遊びにきたお孫さんもお手伝いしやすいプラン、キッチン周りで会話も弾みます。広いキッチンカウンターで食事できれば、ご飯の準備もちょっとだけラクですね。

 

ダイニング&キッチンの収納は、全体として壁面が大きく・巾があるので、高さをおさえて、出し入れしやすい高さで揃えました。ダイニングセットの壁面は、見える収納と隠す収納を意識して、壁面をおしゃれにデザイン。キッチンの背面は、食器棚と家電棚を組合わせ、使いやすくを心がけました。

 

ゆったりリビングには、4人分のソファをレイアウトしていますが、5〜6人掛けのソファも置けます。リフォーム前・和室の押入れだったところは、書斎に。収納の壁を残したので、おこもり感が出て、落ち着いた書斎となりました。

 

【After・下の展開図】 リビングダイニングの中央にたって、キッチン側をみた様子。右側:ダイニングセットの奥にたっぷり収納できる壁面収納、左側:開放的なオープンキッチンの奥に壁面収納がみえます。お客様の暮らし方にあったリフォームをご提案しています。

 

■団塊世代の快適リフォーム アイディア-1-2

 | 一覧へ | 

▲ページTOP