東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • (団塊世代の)快適リフォーム -8 玄関のデザインリフォーム

2009年04月26日

(団塊世代の)快適リフォーム -8 玄関のデザインリフォーム

リフォーム

 

家の顔である玄関は、その住まい全体の印象を決定するほど重要な場所。玄関を広くとると、同じ面積の家でも広く感じるという意見もあるようです。3つのポイントにわけて玄関のリフォーム例をご紹介します。

 

■パース・右上 ⇒
収納量を確保しつつ表情のある玄関

玄関右側にあった物入収納をニッチスのある上吊戸+カウンター収納に変更。正面の白い壁面と合わせて小物やアートを飾ると華やかな玄関に。あえてダークな色でまとめ和の要素も入れてあげると、狭さを逆手にとって茶室や京都町屋の入り口(細長い通路)のようなデザインを狙ったように見せられるのでは?

 

■パース・左下 ⇒
爽やかで開放感のある玄関に

玄関右側にあった物入収納を撤去して広々とした土間を確保。加えて上がり框を斜めにとることで、廊下〜その奥にある居室への繋がり(拡がり)と期待感がうまれます。壁面も収納も白ですっきりとまとめて明るく爽やかな印象に。シンプルで表情豊かなニッチは、横に長いことで廊下への拡がりをさらに強調します。

 

■パース・右下 ⇒
お客様の目を意識したデザイン性・住む人に優しい玄関

 

オーダー家具

 

正面壁に収納下部に間接照明を入れたフロートタイプ(宙に浮いた形)の収納を造り付け。収納も兼ねたフォーカルポイントになります。広々とした土間には、靴を履くのにも便利なスツールも置き、シックな色にまとめて、ゆとり・寛ぎの演出します。

 

■写真・右
住む人に優しいユニバーサルデザインの家というと、手すりがポピュラーですが、弊社事例のように玄関収納と一体になった幅広の椅子は便利です。(写真では花が飾ってある)椅子の座面の下も収納です。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP