東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 地震によるクロス(壁紙)の貼り直し・補修について

2011年06月20日

地震によるクロス(壁紙)の貼り直し・補修について

震災から3ヶ月以上経ちますが、現在も横浜では、外装の補修工事用の足場が組まれ、内装工事に携わる職人さんが出入りしているビルがある一方、補修されない建物・マンションも多々あります。弊社事務所が入る建物では、今月、1ヶ月をかけて、外装と内装の補修工事が行われています。

 

弊社では、今日・明日と2日間で、壁紙・クロスの貼り直しが行われることになっていました。建物でかかっていた地震保険を利用して補修して下さることになり、喜んでいたのですが、朝、職人さんが持ってきたクロスを見て、びっくり。現在のクロスより、黄色味が強かったのです。【地震保険利用時のクロスの選定基準がわかりませんが、借主としては、現状と違和感なく仕上げてもらえると思っていました】

 

貼り替え方法は、壁にヒビが入った箇所を四角く切り取って、色味が異なるクロスを貼るとのこと。白い縦柄のクロスが貼ってあるトイレにもそれを貼ると聞いて、えっ?さらに、現場管理者に、「色違いでもアクセントになっていいんじゃないですか」と言われて、??。プロとしては、それでOKとは言えませんから、弊社は、ヒビが入ったクロスをコークボンドで補修してもらいました

 

職人さんは、丁寧に作業してくれたので、短い時間で、元通りに仕上がりました。今回の震災で、クロスがよじれたり、ヒビが入ったお宅も多いと思います。そのままでは格好悪いけど、全部、張り替えるには費用が心配という方は、補修を頼まれてみては?D.I.Y.でもできますが、職人さんにはかないません。

 

貼り替えがないと請けてくれないところも多いと思いますが、人工代(にんくだい・人件費)を多めに払っても、貼り替えよりは、断然安くて、工事が早くて、元のクロスがゴミにならないのでエコ。それに、イメージされているより、きれいに仕上がりますよ

 | 一覧へ | 

▲ページTOP