東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2011年07月24日

インテリア・カーテンと収納のお打合せ

今日は、午前に、T様邸(神奈川県藤沢市のマンション)に伺い、オーダーメードでつくる食器棚とカーテンの打合せ&採寸に行ってきました。食器棚は、事前に、ゴミ箱をワゴン収納にしたいとの要望を伺っていましたが、ゴミの量を考え、扉付きの収納スペース内に、キャスター付きの市販のゴミ箱を置かれることになりました。見積もり額も下がりますので、良かったと思います。

 

カーテンは、昨日、電話で追加依頼があり、日程の調整がつかず、家具の採寸スタッフが窓も採寸もすることに。通常、カーテンは、カーテンの採寸と取付を専門にする職人が、採寸と取り付けを行います。しかし、レールに掛けるだけのカーテンスタイル(シェードではない)なので、T様にて掛けられるということでした。

 

若干のアドバイスはしましたが、生地が決まっていたので弊社のコーディネートが不要(時間がかからない)、専門職の採寸と取り付けが不要なので、お値引きも多くできます。価格が下がるからではありませんが、良い生地を選ばれていました。家具のD.I.Y.のようで、合理的と思いました。

 

専門職人がキチンと測ることがオーダーカーテンの良さでもありますが、T様はそのあたりを理解された上でのご依頼でしたので、お請けしました。午後遅くには、4年前のお客様にご紹介いただいたW様邸横浜市西区・みなとみらいのマンション)に伺い、カーテンのお打合せ。リフォームで洋室との境の壁を撤去して、リビングを拡げられるのが来月10日頃。

 

両室の梁を確認しつつ、大きな窓にかけるカーテンをコーディネート。内装やインテリアも考え、厚手のドレープカーテンは、若干光沢のある上品な無地で、レースは幅の異なる縦縞のおしゃれな生地でほぼ決まりました。リフォーム工事後、採寸し直します。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP