東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 収納 と インテリアコーディネート、中国らしい「赤」色

2011年10月22日

収納 と インテリアコーディネート、中国らしい「赤」色

コーディネート

 

 

今日は、家具、カーテン、照明のインテリアコーディネートと収納を承っているS様(横浜市中区の賃貸マンションにお住まい)と一緒に、都内のショールームをまわってきました。主寝室の収納については、広い寝室の一部に回遊できる形でウォークインクローゼットをつくるプランと、壁際に壁面収納をつくる2つのプランをご提案しましたが、お部屋を広く感じたいという理由で、壁際に壁面収納をつくることでご決定。

 

クローゼット内に、引出しやワイシャツ用の棚、バスケット等を準備するプランで決まりました。これでお引越し後の片付けができそうです。書斎等のプランは、セミオーダーと置き家具を並行して検討いただきます。その他の収納は、これから少しずつプランニングしていきます。その後、ダイニングセットやソファ、カーテンを見ていただきました。

 

リビングダイニングは、ネオクラシックなスタイルか、ゴージャスなクラシックテイストを希望されています。お部屋にかけられる掛け軸や置物がシノワズリー(中国趣味)をイメージさせるので、お手持ちの小物とのバランスを考えながら、ご提案していきたいと思っています。

 

写真は、ファブリックソファの張り地と、カーテンの参考生地。流行のモダンな生地と比べると、少し重めに感じられるかもしれませんが、その代わりに、寝室はモダンな雰囲気もいいですね…… とお話しています。ソファなどの家具はデザイン、座り心地と一緒に、張り地、カーテンを並行して、検討してまいります。

 

☆追記:写真・右上の赤いカーテン生地の「赤」が少し朱色を帯び、金色の模様とのコントラストも鮮やかです。数年前から、国際見本市では、経済が強いロシアやアラブ、中国を意識したデザインや色が増えています。ヨーロッパの高級ファブリックメーカーも、中国市場を意識しているからだろうと話していました。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP