東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2013年03月26日

もはや、水色は女の子の色になった?

コーディネート

 

今日は、新築2世帯住宅インテリアコーディネートの打合せ(4回目)。お姑さんとお嫁さんが来社され、内装・設備・電気配線等を検討いただきました。

 

子世帯・2人のお嬢さんの部屋の壁紙のうち、1つの面だけ色付の壁紙を選ぶことになり、ベビーピンクのような優しいピンク?水色?黄緑?と検討するなか、余談で、男の子を育てているスタッフが、水色の傘を買ったら「水色は女の子の色だから嫌!」と言われ、濃い青(絵の具の青色)のを買い直した経験をお話しました。

 

そういえば、先日、TV・CMで、水色のランドセルを背負った女の子だけが映っているのを見て、そういう時代になったんだなぁ♪と思いましたし、大人女子が好きなTiffanyのBOXも水色。色で男女の好みを分ける意味はありませんが、実際に、子どもが選ぶ色が変わってきていると感じました。ちなみに、今回、選んだ壁紙は水色ではありません(笑)

 

写真は、7年前にお納めした女の子の部屋のカーテン西麻布マンション)。可愛いレースの後ろに水色の厚手のカーテンを入れています。当時は、女の子が水色を選ぶのがめずらしい時代でした(*^^*)

 | 一覧へ | 

▲ページTOP