東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2007年01月19日

Q&A (3)  リフォーム工事中、職人さんにお茶を出す?

リフォーム

 

住みながら行われるリフォーム工事の場合、「10時や3時にお茶やおやつを出すの?」 と悩まれる方は多いようです。そこで、 ある工務店の社長さんに本音を聞きました。

 

「最初に、 『遠慮していますので、気を使わないで下さい。』と話すんですが、実際は、ほとんどお茶を出してくれます。 ありがたいのですが、 職人たちも仕事の流れのなかでやっているので、タイミングというかペースが乱れます。お茶を出される方が話し好きだと、仕事の遅れにもつながりますし… …。

 

また、気持ちはありがたいですが、出されるとお断りできませんし、好きでないものが出ても、手をつけないわけにはいきません。残れば持ち帰るようにしていますが、お客様も気を使われるように、こちらも気をつかうので… …。

 

これまでのお客様のなかには、最初に、「みなさんで、どうぞ。」と、例えば1ヶ月くらいの工事だったら5,000円〜6,000円を(工務店の社長に)渡される方がいらっしゃいました。職人に分けますから、そんなやり方もあるかな?」と。ちなみに、お茶がないからといって、工事への影響はまったくないそうです。(笑)

 

新築だと、上棟式(建前)でご祝儀を渡せますが、リフォームにはそれがないので、最初がラクかも?地方だとちょっと事情が違うかもしれませんが… …。

 

ご参考までにですが、弊社が設計者として現場監理に行くときは、その日に入る職人さんの数がわかるので、人数分+αで、それぞれが好きなものを選べるようにキャップ式のミニボトルのお茶や缶コーヒーを買い、「いい時に飲んだ下さい。」と、一声かけてカウンターの上などに置いてきます。プルトップ式だと飲み干さないとこぼれますし、持ち帰ってもいただけるようにと思ってです。

 

結論としては、お互い気を使わないのが一番!お茶は出さなくていいんじゃないかと思います。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP