東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2007年05月12日

患者さん目線のおしゃれな産婦人科に… …

 

今日は、年内に開業を予定されている産婦人科(クリニック)の先生と一緒に賃借予定の部屋を下見してきました。まだ、前の方の荷物が残るホットな部屋でした。

 

クリニックとして必要な機能的な部分は、病院の設計を専門でされている設計事務所に依頼されるのですが、女性の患者さんがリラックスできるよう&おしゃれな婦人科にするために設計&インテリアコーディネート(内装、什器、カーテン、照明等)でお手伝いさせていただく予定です。

 

先生は、「大病院や市立の産婦人科をこの部屋にもってくるのではなく、個性的で居心地のいい空間にしたい。例えば、冷たい感じのする事務所のような机は避けたいし、自分の椅子も先生っぽい両肘のついた立派な椅子でなく、患者さんと同じ椅子で、同じ目線で話せるような椅子を選んでほしい。トイレは広く気持ちのよい空間に。婦人科だからって、ピンクっていうのもね… …」とおっしゃっていました。「産婦人科≠ピンク」は、私も同感です。

 

昨年手がけた産婦人科【ウイメンズクリニック】のリノベーションでは、イエローグリーン(黄緑色)をテーマにカラーコーディネートをしたのですが、今回は、どんな色でコーディネートするかイメージをふくらませ始めました。

 

開院なので、ロゴや名刺・便箋にも使っていただけるイメージカラーにも通じるようなカラーコーディネートでご提案できればと思っています。

 

ところで、明日は母の日。子供の頃、赤いカーネーションやお手伝い券を贈っていたのが懐かしいです。今年は、チョコレートを贈ろうっていうCMが流れていますから、チョコで感謝の気持ち、伝える方多いかもしれませんね。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP