東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • イー・ウーマン 3日目「インテリア、プロに相談したいことありますか?」

2007年06月16日

イー・ウーマン 3日目「インテリア、プロに相談したいことありますか?」

※「インテリア、プロに相談したいことありますか?」は、6/11〜6/15、イー・ウーマンに寄稿したものです。投稿を含めサーベイの詳細は、こちらに登録いただければご覧になれます。ご興味ございましたらご利用下さい。

 

Yes:64% No:36%
◆3日目 「インテリア、プロへの相談料」

販売価格と卸価格の差で利益を得られるので、商品の販売ではコーディネート料をいただかなくてもいい… …、リフォーム会社では… …

 

今日は、相談料についてたくさんの意見が寄せられました。業界団体や協会で、目安となるような費用を表示されればわかりやすいのでしょうが、日本では、家具などのインテリア商品だけでなく、新築やリフォームでも、デザイン(設計)料や相談料を含んだ工事代金であるにもかかわらず(正確に)明記されない商習慣があるので、標準的な費用を表示するのは難しいようです。

 

また、営業をかねて無料または格安でコーディネートしているTV番組の影響で、一般の方々のソフトに対する理解が進まず、コーディネーターたちが困っているという現実もあります。そこで、弊社での対応を例に、どんなことをしたらどれくらいの費用がかかるかご紹介します。

 

例えば、商品購入の場合。2才のお子さんがいる鈴木さん(仮称)は、予算があえば、ターコイズブルー(青緑)の革のソファを購入したいと思っています。デザインがお気に入りのイタリアA社のソファは、明るい水色の革で50万円、日本のB社はくすんだ青い革で40万円です。

 

そして、ショップに勤めるインテリアのプロは、それぞれのソファを定価で販売することが仕事となります。一方、ショップに雇用されていない、お客様に依頼されたインテリアのプロは、お子さんが汚したり、マジックでのいたずらを予想して、A社のソファにターコイズブルーで汚れが落としやすく肌触りも革に近い人工の革で張ることを提案し、35万円で販売します。

 

もちろん、明るい水色のソファ商品を46万円で販売することもできます。定価でないのは、卸で仕入れることができるから。販売価格と卸価格の差で利益を得られるので、商品の販売ではコーディネート料をいただかなくてもいいのです。

 

ただし、全ての商品が対象ではありませんので、事前に確認下さい。NY留学中、個人レッスンの英語の先生がソファをデザイナーから購入すると言っていました。日本も上手にコーディネーターを活用する時代がくればと思っています。

 

リフォームの場合、リフォーム会社では、相談やプランニング無料というところが多いので、イメージを明確化されるのにご利用になるといいと思います。しかし、営業活動の一環で、契約にならないお客様にかかる相談料(経費)も、契約になった他物件の工事代金に含まれているわけですから、無料が無条件に良いというわけではありません。

 

また、最近は、デザインに対する欲求が高いお客様がふえていますので、無料で満足できる提案をしてもらえるか難しい場合もあるでしょう。ポイントは、お客様の漠然としたイメージを、コンサルティングを通して明確化・具現化してくれる人に出合うことだと思います。

 

ちなみに、弊社では、一般的なコンサルティングの場合、インテリアは1時間9,000円、設計は8,000円いただいています。

 

明日は、どんな相談ができたらうれしいか? どんなことをしてもらえたら満足か? などありましたら、お寄せ下さい。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP