東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 横浜市金沢区のマンションの全面リフォーム、2度目の相見積り

2008年10月06日

横浜市金沢区のマンションの全面リフォーム、2度目の相見積り

リフォーム

 

今日、S様邸(横浜市金沢区並木のマンションの全面リフォーム・築26年・約95㎡)について、コンぺによる2度目の相見積りがでました。

 

見積り漏れも確認した結果、合計で7%の差がつきましたので、A社にお願いする方向でS様 (ご主人様)のご決定を待っているところです。7%の差は、リフォームの相見積り①、②に比べれば小さく感じますが、 2社とも頑張ってくれたと思います。

 

■① 三浦のリフォームでは4社(工務店) の相見積りでは25%の差。4社の内訳は、1社がお客様紹介、2社が弊社紹介、 1社が新規
■② 市川のリフォームでは4社の相見積もりで24.5%の差。4社の内訳は、 3社がお客様紹介、1社が弊社紹介

 

■③ S様邸では、当初3社の相見積りで、1社はお客様紹介の以前S様邸でプラン・見積っていた工務店、1社は弊社紹介、 1社は新規

 

相見積りのことを書くと、価格の評価になりがちですが、どの工務店も内見に出かけ、 見積りに時間がかかっているのを知っているので、 「残念ながら、他社に決まりました」と言いつつ、痛みを感じています。

 

また、 今後の努力として、お客様に喜んで(選んで) もらえる見積りにするために、「どこが高かったのか?」 と改善点を聞いてくれる工務店さんには感謝しています。次回以降、 ご縁があれば一緒にいい仕事を… … と思います。

 

設計する側としては、お客様側に立って、いい工事をリーズナブルな価格で請け負ってくれる工務店を紹介することは重要ですが、 請負の工務店にも頑張っていい仕事になったと思ってもらえるように。

 

そして、それが、お客様のメリット (仕上がりのきれいな工事やアフターケア)に繋がるようお手伝いしたいと思っています。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP