東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2010年11月14日

【収納】 前倒し扉 と 引き出し内の工夫

オーダー家具

 

 

オーダー家具は、取付け時に撮ることが多いので、どういう使い方ができるかお伝えできずにいました。インテリアの撮影にあわせ、I様(横浜市中区のマンション)に協力いただき、収納のなかを撮らせていただきました。

 

 【1】巾3,847mmの壁面に、巾3,655mmのテレビボードを兼ねたリビング収納を造り付けました。デザインは奥様のご要望に沿って、横のラインを意識。横のラインが美しく揃い、使い勝手をよくするために、開き扉にはせずに、上開き扉や前倒し扉、引き出しを多用。テレビは背パネルにつけ、配線等も見せないように。カウンターの上にも予備の2口コンセント。

 

【2】前倒し扉を開けると、右奥のコンセントでビデオカメラなどを充電した状態で収納。電気を分岐し、収納内に複数のコンセントを設けました。

 

【3】巾910mmの引き出しでは、A4サイズの背表紙も見えるように収納できます。入れるものにあわせて仕切り板をセットできるので、書類が倒れることはありません。学校関連の書類、取説などたくさん入って便利だそうです。薬やリビングまわりの小物が入った引き出しもあります。

 

【4】上部の前倒し扉内にはたくさんのDVD。最下段の引き出しの中にはもう一つ引き出しがあって、2段を使って効率よくたくさんのDVDが収納されています。
【5】リビング収納の足元には、掃除機などに使っていただけるよう2口コンセント
【6】リビング全体の写真。詳細はこちら

 

奥様から、「入れる(収納する)場所が決まって、部屋が片付くようになりました。」と喜んでいただきました。生活の様子を伺いながら、片付けやすい、使い勝手の良い収納をご提案しています。
 

 | 一覧へ | 

▲ページTOP