東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2011年01月17日

一部奥行の異なるリビング収納 と キッチン扉他

オーダー家具

オーダー家具

 

 

昨日に引き続き、今日はM様邸(神奈川県横浜市南区のマンション)でお造りしたリビング収納は、巾:3,730mm、梁下迄の高さ:2,110mmの壁面いっぱいの収納オーダーメード収納家具について、ご紹介します。

 

 【写真1】左には棚板が見えますが、将来、部屋を2つに分けて、子ども部屋にした時、クローゼットとして使えるよう左右3ヶ所にスライドハンガーをセット。テレビをはさんで右側には、しばらくはM様のミニ書斎になり、将来は子どもも使えるFAX台のあるデスクをつくりました。テレビボードの上の縦仕切りは、奥行の深い部分だけにあって、手前には細長いスピーカーを置かれる予定です。

 

【写真2】部屋の左端から750mmは、左の壁にあるクローゼット(茶色のドア)を開けたときに、収納とあたらなくするため、奥行を200mmと浅くしました。リビング収納の扉の色は、写真では白く見えますが、住宅なのでクールになりすぎないように、実際の扉は、わずかに温かみを感じるグレー系の木目柄です。

 

【写真3・4】左の壁にあるクローゼット(茶色のドア)を開けると、写真3のようにリビング収納・左端の扉が隠れます。写真4はドアを半分開けた様子。
【写真5】ビデオやゲームなどを収納するAV機器スペースは、すっきりと前倒し扉に。

 

【写真 6・7】写真7は、新しく造り付けた食器棚。作業スペースが少ないので、奥にスライド天板。写真6のキッチンは、新しく交換すると予算がアップするので、上下の扉のみを交換。食器棚の扉とお揃いにしたので、両方とも新しく入れ替えたようです。くつろぎ感もありつつの☆片付けやすい部屋になったと思います。

 

追記:今日の朝日新聞の朝刊・10面の「忙しい女性は時間作りに工夫あり」で紹介されました。私は、「動線確保や収納の工夫で、楽しく時間短縮を」とお話ししています。マンション・クレヴィア南千住の記事広告です。明日以降、紹介させていただきます。

 | 一覧へ | 

▲ページTOP