東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2007年08月03日

部屋全体の収納をみるための俯瞰図(ふかんず)

 

上の俯瞰図は、手がけた造り付けの収納家具をコラージュして、あるところに提出するための資料の一部。

 

インテリアパースは、部屋のある一点に立って描いたものですが、俯瞰図は鳥の目のように上から見たものなので、部屋・住宅全体を表現することができます。俯瞰図(ふかんず)や鳥瞰図(ちょうかんず)ともいいますが、私たちは、通称、アクソメ(アクソノメトリック図法)といっています。

 

天井をはずして、上から見た様子ですが、天井の高さで描くと、キッチンの吊戸の上の部分が見えるなど部屋をイメージしづらくなります。今回は、キッチンの流しやガス台、収納の中身を見ていただきたかったので、1.5mの高さで部屋を輪切りにして描いています。

 

アクソメをもとに収納リフォームをした部屋をまわってみると… …
【左 上 】玄関には収納たっぷりの造り付けのシューズクローク
【右 上 】ドアを開けるとダブルベッド、左は工夫して中身を造り付けたクローゼット
     その右に鏡台、窓の右下にはクローゼットをリフォームしてつくった書斎

 

【右中央】コンパクトなリビング、液晶TVとソファ
     クローゼットは、上が服の収納、下がレーザーディスクのための引き出し式収納
【右 下 】和室、押入れも桐のタンスをうまく入れるためにリフォームしました。

 

【左 下 】オーダーキッチンと冷蔵庫スペースのある食器棚
     2人用のダイニングセットも見えます。
【左中央】トイレと洗面所、ユニットバス、シャワーも見えます。

 

マンションの販売図面でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、のぞきこむと部屋がよ〜く見えて、暮らしのようすが想像できるようで楽しくなってきますね。
■HPのアクソメは大きく掲載していますので、内部もよくご覧になれます⇒こちら

 | 一覧へ | 

▲ページTOP