東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2006年05月28日

私たちも、ギリギリまで考えています

横浜は、午後から晴れ間も見えるようになってきました。スタッフの一人はお客様との打合せに出かけていますが、間もなく帰ると電話がありました。明日の打合せに図面の準備をするためです。
私は、明日のモデルルーム・最終プレゼンのための資料づくりと、その他やるべきこといろいろ…をしています。限られた予算のなかで、(リニューアルですから)以前と変わった印象を持っていただけるように、少しでもよい提案を… …と考えているところです。
これはお客様の住まいの設計やインテリアコーディネートでも同じ。ピタッ!っと「これだね!」ってこともあれば、条件や制限があって「これしかない…」があったり。でも、「もっとよくしたい、よくできないだろうか…」も多いのです。
私はマネジメントをしていますが、自身もコーディネートなどの実務を行っているので、出来上がりつつある図面や資料を前に、スタッフが「う〜ん」となってると、わかるんです… …もっと考えたいんだなって。時間に限りがあるのはわかっているけど、デザイナー(設計者)として、もう少し、もう少し…っていうのが分かるのです。でも、「ずっ〜と考えてていいよ。」とは、言えない立場。いつもは、ギリギリまで考えているスタッフを見ていますが、今日は、私がその立場です。
写真は、昨日、特注のサイドテーブルと、写真にありませんがコンソールテーブルを納品したお住まい。これからダイニングにポイントとなるアルテミデのスタンドが入りますし、アートも飾られることと思います。少しづつ整っていくのが楽しみです。
ホームデザインは、海外でスキルを磨くなど多彩な経験をもつ女性のインテリアコーディネーターと一級建築士がお客様のご相談を伺いながらコンサルティング、こだわり仕立ての空間をご提案しています。 ■ホームデザイン一級建築士事務所 横浜 東京 神奈川
■リフォーム設計と家具・カーテン・収納のインテリアコーディネート&デザイン実例・写真

 | 一覧へ | 

▲ページTOP