東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

  • トップ
  • ブログ
  • 子供を育てながら働く -子供が病気になったときこそサポートを-

2007年01月23日

子供を育てながら働く -子供が病気になったときこそサポートを-

セミオーダー家具

 

意欲と能力がある女性が、子育てをしながら働き続けられる環境をつくろうという気運が高まっています。様々な支援策が提案されていますが、次に検討いただけたらありがたいのが、病気になったとき保育園のかわりに看てくれる「病児・病後児保育所」をふやすこと。

 

病気や回復期の子供を専門スタッフが看てくれれば、安心して仕事ができます。出産後、職場復帰しない人・7割の原因が、子供が病気のとき、子供に対する愛情だけでなく、会社に対して迷惑をかけるのでは… …といった不安もあるのでは?と、スタッフをみて感じます。

 

微熱でも、ひとり遊びをしたり・笑ったりして機嫌がよい状態なら、大丈夫というのは、弊社・母親たちの声。便秘でも熱がでる赤ちゃん、熱を出すたびに、会社を休んでいたら気が引けてしまう人がいるかもしれません。父親も休めればいいのでしょうが、まだまだ難しいのも事実。

 

先日のお客様は、大手企業に勤めながら4才・6才と2人のお子さんを育てていらっしゃる方。打合せで出た会話が「病気のときこそ、預かってほしいのに… …(笑)」。様子によっては、親がそばにいたほうが良い場合もあるでしょうが、看ていただける人や預けられる場所があれば、働きたいと思う人がふえると思っています。

 

※追伸:風邪をひきやすい季節、みなさまもお大事になさってください。

◆写真は、戸建(賃貸)のセミオーダー家具収納でダイニングと書斎を間仕切った例 書斎の事例

 | 一覧へ | 

▲ページTOP