東京・横浜でインテリアコーディネート、リフォーム、収納・オーダー家具をお探しなら、ホームデザインへ

TEL:045-226-3140

お問い合わせ

メニュー

ブログ インテリア設計事典

BLOG INTERIOR DESIGN CYCLOPEDIA

2010年07月08日

長野 –2 ・ 情緒ある表参道と東山魁夷美術館

 

 

善光寺の表参道には、情緒ある建物が多く、歩いていても心躍ります。長野-1は、こちら 

【写真・1&2段目】アールデコ様式のファサードも美しいTHE FUJIYA GOHONJINは、もともと大名が参勤交代の際に宿泊した旅館(御本陣)だったところ。現在は、大正時代に建替えたクラシカルなデザインを生かしたおしゃれなレストラン&パーティー会場になっています。

 

【写真3段目・左】レトロ感たっぷりの木造の郵便局
【写真3段目・右】長野市のマンホールのデザインは、りんごとりんごの花
【写真4段目】東山魁夷美術館は、善光寺から徒歩数分にあります。

 

横浜生まれで、神戸育ち、長野にスケッチに訪れた東山魁夷は、モーツアルトをよくかけていたそうです。透明感のある魁夷の絵と美しいモーツアルトの曲、どちらも最も好きな芸術家です。美術館のカフェでは、「常設展Ⅱ 絵の中のリズム」で展示されている「夏に入る」の竹をイメージした羊羹をいただきました。遊び心も楽しいですね。

 

街歩きを終え、午後から盛和塾の勉強会に参加しました。塾生の貴重な体験談と稲盛塾長のアドバイスに、誠実に仕事に取組む気持ちを新たにしました。懇親会では、郷土色豊かな(ホテル仕様で小振りな)五平餅やおやきもいただきました。日帰りでしたが、様々なことを感じさせてくれた長野、幸せな一日でした。
 

 | 一覧へ | 

▲ページTOP